アロバビュー専用ダイヤル
03-6304-5645
受付時間 10:00〜18:00(土日祝祭日を除く)

アナログカメラとネットワークカメラの違い

  • twitterでシェア
  • facebookでシェア

security-camera-834173_1280

企業や経営者は、不審者の侵入や機密情報の漏洩といったリスクに対しての危機管理が求められます。そこで有効なのが監視カメラ。導入を検討されている方も多いことでしょう。しかし、監視カメラといっても種類も機能もさまざま。ここでは、監視カメラにおけるアナログカメラとネットワークカメラの違いについてまとめました。

監視カメラってそもそも種類があるの?

監視カメラは、大きく「アナログカメラ」と「ネットワークカメラ」の2つに分けられます。
アナログカメラは、映像を同軸ケーブルを使ってテレビモニターに接続・表示します。この方式は従来から利用され広く普及していますが、同軸ケーブルで接続するため、カメラと映像記録装置を1対1で繋がなければならず、設置場所が増えた場合など「拡張性」において課題がありました。
一方、ネットワークカメラは、ネットワークを介しデジタルデータとして管理する方式です。以前は高価でしたが、最近は価格もかなり下がりアナログカメラに代わり主流になりつつあります。将来的には、全ての監視カメラはネットワークカメラに置き換わると思われます。
例えていうなら、テレビがアナログ放送から地上デジタル放送(地デジ)に変わったようなイメージが想像しやすいかもしれません。
したがって、画像の鮮明さやデータの扱いやすさという点では、断然ネットワークカメラの方が優れています。
では、どの程度違いがあるのでしょうか? 以下、数点のポイントで比較しています。

映像のキレイさ

アナログカメラとネットワークカメラの画像の鮮明さを一般的な画素数で比較すると、

アナログカメラ:約30万画素
ネットワークカメラ:約100万画素

で、その差は約3倍と大きな違いがあります。これからも分かるように、画像の鮮明さという点においてはネットワークカメラの方が断然優れています。
また、ネットワークカメラは、「通常は低解像度で撮影し、人が写ったり状況が変化した時だけ高画質化する」といった解像度の自動切り替えが可能なほか、状況に応じて明るさやコントラストの調整もできます。
さらに、ネットワークカメラの中には「デイナイト機能」といった低光量下でも高品質を維持できる機能や、同一シーン内の明るい領域と暗い領域にある被写体を識別する機能も備えています。
このように、ネットワークカメラが高画質かつ高機能なのは、アナログデータではなくデジタルデータで処理・管理しているからです。
暗闇で不審者を特定する監視カメラの場合には、鮮明な画像とズーム機能、またデータの解析・処理が容易なデジタルデータの方が断然有利です。これから監視カメラ導入を検討する場合は、ネットワークカメラを検討されることをお勧めします。

拡張性

アナログカメラには、同軸ケーブルと電源の2つの端子が存在するため、接続に際してはこの2つをテレビモニターに繋げる工事が必要です。
監視カメラは通常、天井や外壁など高所に設置するため、電源供給場所や監視装置からカメラまでの距離が数十メートルになることもよくあります。前述したとおり同軸ケーブルによる1対1の接続がカメラの台数分必要になるため、ケーブルも煩雑になり工事費用もその分かかってしまいます。
一方、ネットワークカメラはLANケーブル一本で映像データの送信と給電両方が可能なため、新たな電源工事などは必要ありません。また、電力のみ供給してデータ送信は無線で接続すればLANケーブルも不要になります。いずれにしてもケーブルが1本で済むというのは導入費用も抑えられますし、管理しやすいという面で大きなメリットです。
さらに、将来カメラを増設したいといった場合も、アナログカメラでは都度ケーブル工事を業者に依頼しなければなりませんが、ネットワークカメラであればそれも容易です。
このように拡張性の面からみてもネットワークカメラの方が優れています。

管理

アナログカメラの場合、カメラと監視記録装置は1対1で接続されます。そのため、1台の監視記録装置で多数のカメラの映像を確認することはできません。スペースを必要とするうえに、なにより面倒です。
しかし、ネットワークカメラは撮影した映像をインターネットを介して遠隔地で監視することも可能です。したがって場所に依存せず、全ての監視カメラの映像を一括して監視することができます。
このように、ネットワークカメラの方が管理しやすく運用管理の面でもアナログカメラに比べ優れています。
ただし、運用管理が容易というのはリスクも伴います。特に、インターネットを介して接続するということは、第三者に盗み見られる可能性が高くなることを意味しますので、カメラパスワードの設定などセキュリティには十分注意することが必要です。

価格

アナログカメラとネットワークカメラの価格を比較してみます。
1台あたりの価格は、メーカーや機能によってもばらつきがありますが、

アナログカメラ:数千円〜10万円
ネットワークカメラ:5万円〜50万円

というのが一般的な価格帯です。
ネットワークカメラは以前はもっと高価でしたが、インターネットの普及とメーカー各社の技術・価格競争の結果、手の届く価格帯にまで値段も下がってきました。しかし、それでも単純に“1台あたり”の価格でいうとアナログカメラの方が安いのが現状です。
しかし監視カメラを導入する際には、1台あたりの価格やイニシャルコストだけでなく、トータルコストやランニングコストも検討する必要があります。
例えば、ボックス型カメラを導入する場合、カメラの死角をなくするめ、複数台の設置が不可欠です。当然、設置するカメラの台数分の合計費用を検討しなければなりません。
また、工事費用や保守費用も忘れてはいけません。

監視カメラには「アナログカメラ」と「ネットワークカメラ」があります。
両者の違いを比較してみましたが、1台あたりの価格のみで判断するならばアナログカメラ。映像の鮮明さや機能性、拡張性、管理・運用面など総合的に評価するならば、ネットワークカメラの方が優れています。これから監視カメラを導入するという場合、また「不審者を特定する」という監視カメラの目的からすれば、ネットワークカメラの導入をおすすめしたいと思います。

お見積もり・デモお申し込みなどお電話にて気軽にご相談ください!

アロバビュー専用ダイヤル
03-6304-5645
受付時間 10:00〜18:00(土日祝祭日を除く)
フォームからの
お問い合わせはこちらから