アロバビュー専用ダイヤル
03-6304-5645
受付時間 10:00〜18:00(土日祝祭日を除く)

ネットワークカメラの種別:ドームタイプ

  • twitterでシェア
  • facebookでシェア

security-79397_1920

ボックス型カメラは、横長の一見して「監視カメラ」と分かる形状をしています。これに対して、監視カメラだと気づかせずインテリアの一部のように見えるのが、ドーム型のカメラです。

このドーム型カメラとはどのようなものなのでしょうか。

“気付かせない”カメラ

ドーム型カメラは、インテリアや火災報知器などの機器のように見えるため、ぱっと見で監視カメラだと気づく人は少ないでしょう。お洒落な場所に設置しても照明器具のように見えて違和感はありません。従来の抑止力を前面に押し出すのではなく、目立たずに監視するのに適しているカメラなのです。
目立たずに監視するために設置する場合は、LANケーブルなども目立たないように設置工事を依頼しなければなりませんので注意が必要です。
しかし、いくら目立たないといってもカメラの存在に気づいて、レンズが覆われたり、スプレーをかけられたりする可能性もあります。その場合は、異常を検知し警告してくれる機能が持つものも多くありますので安心です。

見渡せるドーム型

ドーム型カメラは、その特性上、広範囲を撮影できるという特徴があります。ボックス型カメラは、固定式となるため撮影できない死角が生じる欠点がありました。これに対し、ドーム型カメラは、カプセル内でカメラが自由に回転するため広範囲の監視が可能なモデルがあり、死角が生じにくいメリットがあります。360°全方位を撮影できるワイドタイプのドーム型カメラもあります。

コストの削減にもつながる

ドーム型カメラは、ボックス型カメラに比べ、幅広く撮影を行うことが可能なため、設置台数を抑えることが可能です。1台あたりの価格ではドーム型カメラの方が高くとも、トータルコストでみた場合、ドーム型を活用した方がコストメリットがでるケースもあります。

死角なく監視したいのであれば広範囲をカバーできるドーム型カメラを選びましょう。適しているケースドーム型カメラにも屋外用と屋内用がありますが、屋外で使用する場合は、ケーブル類を目立たないように埋め込んだりする必要が出てくるため取り付け場所の制約が多くなります。したがって、ドーム型カメラは屋外用にはあまり適しません。ここでは、屋内でドーム型カメラを設置する場合の適した場所を幾つか紹介します。

・小売店やレストランでのレジの監視。
・オフィスの廊下やエレベータの天井に設置し、外部者の侵入を監視。
・スタジアムなど人が多い場所での不審者の監視。

スタジアムなど、大勢の人が集まる場所を監視するのは非常に大変です。しかし、高解像度レンズが付いたドーム型カメラを採用すれば、こうした条件下でも複数の人を把握できます。4Kで撮影できるモデルや高倍率でズームができるモデルもありますので、大勢の人の中から怪しい人物をピックアップして顔や個人を特定することもできます。
見た目を気にする場所で広範囲をカバーしたい場合は、ドーム型カメラが適しています。広範囲の撮影するならネットワークカメラの中でもドーム型を選択してください。1台あたりの価格は高くとも、設置台数が少なくて済みますので、トータルコストでみた場合はさほど違いはありません。目的や用途に応じてドーム型とボックス型を上手に組み合わせた導入をおすすめします。

お見積もり・デモお申し込みなどお電話にて気軽にご相談ください!

アロバビュー専用ダイヤル
03-6304-5645
受付時間 10:00〜18:00(土日祝祭日を除く)
フォームからの
お問い合わせはこちらから